今さら聞けない?Webマーケティングの重要性と具体的な施策

投稿日:  最終更新日:

インターネットが普及した現在、Webマーケティングはビジネス活動においてもはや欠かせないものであることは誰もが認めるところです。

しかし、営業や技術者から経営サイドにまわった方からすると、Webマーケティングがなぜ重要なのか、自社にとってどういった施策が適切なのかまでは判断がつきづらいようです。

先日もそのような相談をお受けしましたので、まずは今さらなかなか聞けないWebマーケティングの重要性とその種類についてインプットすることで、経営者としての視野を広げていきましょう。

そして適切な施策を選択することは、企業の利益拡大に直結します。インターネットを通じたマーケティングすなわちWebマーケティングとはどのようなものなのかとその重要性、具体的にどのような施策があるのかなどをご紹介します。

 

Webマーケティングとは

マーケティングとは、製品やサービスをお客様に的確に届けるためプランニングと実行のことです。言い換えれば「ものが売れるための仕組み作り」であり、その活動や戦略、手法は多岐にわたります。さまざまなマーケティング活動の中でも、WebサイトやソーシャルメディアなどのWebサービスを用いて行われる活動は「Webマーケティング」と呼ばれています。

Webを通じて情報発信や情報収集、ユーザーとの交流などを行い、自社製品やサービスの認知度や高感度、購買意欲を高めたり、商品購入やサービス利用を促したりするさまざまな活動を総称してWebマーケティングと呼ぶと言えるでしょう。

Webマーケティングは数値管理しやすいのが特徴

紙媒体など、従来のメディアを活用したプロモーション施策などの場合、実施した施策全体の効果は把握できたとしても、具体的にどの媒体のどのページがどれだけ読まれたのかなどを詳細に数値把握することはできません。

一方でWebマーケティングの場合は、ユーザーがどうやってどのページからサイトに流入し、どのようにページを遷移し、どのページで離脱したのかを確認することができます。
それぞれのページの滞在時間などを具体的な数値で把握し、より多くアクセスのあるページや商品購入に結びつきやすいページなどを管理、分析することが可能です。

マーケティング効果の数値による測定や管理、それらにもとづいた施策の改定や新たな施策の策定などを行いやすいのがWebマーケティングの大きな特徴なのです。

Webマーケティングの重要性

インターネットにおける商取引は、個人向け、企業間ともに年々増加傾向にあります。インターネットの普及にともない、インターネット上でのビジネスも多様化し、広く受け入れられるようになりました。

こうしたインターネットビジネスはもちろんのこと、従来型のビジネスの広告、宣伝などにおいても、Webサイトなどインターネットを通じた活動の有効性はますます高まってきていると言えます。企業が効果的なマーケティング活動を行うにあたって、Webマーケティングは特に重要な活動であり課題となっているのです。

Webマーケティングにおける主な施策と手法

Webマーケティングには、さまざまな施策や手法があります。
施策の目的は、大きく「集客のための施策」と「使用性や回遊性を高めるための施策」に分けることができます。
それぞれ、どういった手法があるのか主なものをご紹介します。

集客のための施策

・SEO対策
SEO(Search Engine Optimization)とは「検索エンジン最適化」を意味し、Googleなどの検索エンジンの検索結果において、Webサイトがより多く露出されるために行う施策のことを言います。

・リスティング広告
リスティング広告は、ユーザーが検索したキーワードに応じてGoogleなどの検索結果に表示される広告のことで「検索連動型広告」とも呼ばれています。

・アフィリエイト広告
アフィリエイト広告は、掲載された広告を通じて購入や会員登録、資料請求など、広告主があらかじめ設定したアクションがあった際に報酬が発生するタイプの広告で、「成果報酬型広告」とも呼ばれています。

・アドネットワーク広告
アドネットワークとは、Webサイトやブログなど広告媒体を集めた広告配信ネットワークのことを言い、これら複数の広告媒体にまとめて配信できる広告がアドネットワーク広告です。代表的なアドネットネットワークに、Google AdSenseがあります。

・SNS広告
SNS広告は、TwitterやFacebook、Instagramなどソーシャルメディアに出稿できる広告です。性別や年齢、居住地、関心など属性を指定して広告配信できるという特徴があります。

・リターゲティング広告
リターゲティング広告とは、一度自社のWebサイトにアクセスしたユーザーに対して、サイト離脱後も追跡して表示する広告のことを言います。

・メールマーケティング
メールマーケティングは、自社の保有する顧客リストに対して、メールマガジンやステップメールなどを配信することで集客や関心の向上、ファンの育成などを行うマーケティング手法です。

使用性や回遊性を高めるための施策

・LPO対策
LPO(Landing Page Optimization)とは、「ランディングページ最適化」を意味し、ランディングページから離脱せずに商品購入などコンバージョン率を高めるために行う施策のことを言います。

・EFO対策
EFO(Entry Form Optimization)とは、「入力フォーム最適化」を意味し、フォームへの入力をしやすくすることで途中離脱を減らし、コンバージョン率を高めるために行う施策のことを言います。

今回は、Webマーケティングの概要や主な施策などをご紹介しました。今後、Webマーケティングの重要性はますます当然のものになっていくと考えられます。さまざまなWebマーケティング施策を理解し、取り入れていくことが不可欠だといえるでしょう。