中小企業が事業を再構築する過程において重要な3つのこと

投稿日:  最終更新日:

「・・・すみません、半年前、確かにこのように進めると言ってましたよね。忙しさのあまり、すっかり失念していました。今のうちに気づけてよかったです・・・」

経営に関するコンサルティングを長く実施させて頂いていると、経営者の悩みが元に戻る瞬間に立ち会うことが何度もあります。

これはどういうことかと言うと、現業の忙しさによって、一度決意された行動が(忘れられているわけではないものの)意識から遠のいてしまい、数ヶ月後の議題に戻ってくるというものです。

 

 

事業再構築で大事なのは、歩みは遅くとも継続し続けること

先日もあったのですが、半年前に決定したある経営の大方針が、その後の社内体制の激変という出来事によってかき消された出来事がありました。

もちろん当事者である経営者の立場をよく存じ上げているため、一個人としては察するに余りある事情なのですが、会社経営に関して効果ある助言・提言を為すべき経営コンサルタントという立場上、「それは大変ですね・・・」だけで済ますことはできません。

現状をつぶさにお聴きした上で、半年前に経営者ご自身が決意された内容を、あえて再度、議論の場に呼び起こします。

そしてその際の現状分析と現在の置かれている状況との変化点を明確にしながら、「変えるべきポイント」と「貫くべきポイント」に分けて考えていきます。そして再度、決意頂くわけです。

この作業プロセスの繰り返し、聞けば当たり前のことのように思えるのですが、意外と出来ていない、非常に重要なことなのです。

そもそも中小企業の経営者は、日々のビジネスの変化に忙殺される宿命にあります。

いくら経営コンサルタントと月1〜2回の議論で良いプランを作り上げたとしても、それを即行動に起こせるだけのヒト・モノ・カネの余裕があれば、そもそもコンサルタントに相談するほど困ることはないわけです。

大半の中小企業経営者は、常に現状を精一杯改善しようと取り組みつつ、このままではいけないという問題意識を持ち、変えようと思いつつも現状に押し戻されることを繰り返しているのが実情なのです。

だからこそ、ご自身の力だけでは1歩進んで2歩下がることでマイナス1歩のところを、外部の専門家などを活用しながら3歩進んで2歩下がることになったとしてもプラス1歩の前進を目指すわけです。

大事なことは、歩みは遅くとも継続し続けることです。

 

事業再構築のポイントは、本質を残し、表面を刷新すること

事業再構築のコンサルティングをしていて良くあるのが、現在の商品・サービスを「具体的に」「どのように」刷新すれば良いのか?という点です。

長年、愛着を持って取り組んできた事業を再構築するわけですから、我々も情理を尽くして考えを整理していくわけですが、ここで大事なことは、目先のことや表面的なことにとらわれないことです。

例えばヒット商品というのは、経営者にとって非常に有り難い存在です。ヒット商品を持つだけで会社には高収益をもたらし、またブランディングの観点からも格段に変化を実感できます。

ですが、事業再構築の観点では、ヒット商品・サービスを生み出すことに力点は起きません。

それはなぜか?

ヒット商品は、あくまで一瞬の恩恵にすぎないからです。まさに読んで字の如く、だから”ヒット商品”なのです。

そのヒット商品が定番商品になってくれれば良いですが、そうならない場合は、どうなるのでしょうか?事業は間違いなく行き詰まり、また事業の再構築が求められます。

よって、事業再構築は、自社の社歴を活かした、安定的に収益化が図れるようなビジネスへの移行を前提に考えるべきなのです。

言い換えるならば、軸となる本質部分を残し、収益上の問題となっている表面部分を刷新することに尽きます。

こうして常に立ち戻りながら、地道に事業を軌道に乗せていく方法以外に、中小企業の事業を再構築して経営者が”中興の祖”となることは出来ないと考えます。

 

事業再構築中は、ただ顧客だけを注視し、周りの雑音はシャットアウトすること

中小企業が新しい取り組みをスタートすると、必ずメディアから取り上げられる機会が訪れます。

全てを否定する気はありませんが、既存メディア(テレビ・ラジオ・雑誌など)が取材する意図はただ一つ、視聴者や購読者を増やすためです。決して御社のためではありません。

この当たり前のことを理解せず、うまくメディアと付きあえない会社や経営者は、非常に多いのも事実です。逆にそのことをきちんと理解して、依存しすぎない程度にうまく活用すれば、認知度を飛躍的に向上されられます。

このあたりに関しては、まさに専門家を活用しながら戦略性を持って施策に落とし込むことが重要です。

またメディアの中でもSNSに関しては、より慎重に意思決定すべきです。よくSNS上でメディア掲載を嬉しそうに投稿する経営者の姿を見ます。

たまに、であれば効果的かもしれませんが、いつも好き勝手に投稿していると「その程度の会社(経営者)なのか・・・」と思われる可能性もあります。

最近、芸能人のSNS疲れがネットなどでも話題になっていますが、SNSはその使い方を誤れば致命的な炎上を招く恐れもありますので、炎上商法で事業が再構築できる目処が立つような会社でない限りは、慎重に扱うべきだと思います。